比治山神社

比治山神社の由緒(沿革と祭神)

沿革

もと黄幡大明神<おうばんだいみょうじん>と称し、比治山南の谷(俗称—黄幡谷)に鎮座されていましたが、正保三年三月(西暦1646年)現在の社地に移して鎮守社となり、藩政時代には稲荷町三組、東柳町、下段原村、竹屋町南裏、平塚、竹屋村などの産土神として祀られ、当時の藩府より毎年正月門松添木、九月祭礼湯立の薪木を寄付されるなど崇められていました。

明治元年、神仏分離令の際、社名をあらためて比治山神社と称し、明治四年拝殿を再建、明治五年村社に列せられ、明治四十年神饌弊帛料<しんせんへいはくりょう>供進社に指定されました。

昭和二十年原爆により本・拝殿消失、昭和二十二年社殿を建立、昭和二十九年現在地ご鎮座三百年記念として本・拝殿を本建築にて建立、昭和三十四年神社本庁より別表神社 に列せられました。

平成十九年現在地ご鎮座三百五十年記念として新社務所・境内整備を行いました。

祭神

主祭神
大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)
縁結び、商売繁盛、家内安全
少名毘古那大神(すくなひこなのおおかみ) 病気平癒(へいゆ)、医薬、針供養
建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと) 厄除け、農業守護
市寸島比売命(いちきしまひめのみこと) 交通安全、海路安全、漁業守護
車折大明神(くるまざきだいみょうじん) 学業

 

神紋

亀甲の中星

亀甲の中星

神紋:亀甲の中星

 

本殿

三間社流造

神殿

境内神社

二社

  • 稲荷神社
  • 祖霊舎
稲荷社

稲荷神社

祖霊社

祖霊社

 


※別表神社
昭和二十年までは、神社の格式は国家が選定したいわゆる官・国幣社でしたが、昭和二十年以降は神社本庁において由緒、格式、信仰からみて、もっとも相応しい神社を、従前の官・国幣社に準ずる神社として選定されたものです。

広島県内では、厳島神社、広島護国神社など九社が別表神社に選定されています。