比治山神社

御神札(おふだ)と神棚のまつりかた

お伊勢さまと氏神さま(地域の護り神様)、崇敬する神社のお神札をお祀りしましょう。

神棚は居間や客間などの家族が親しめる明るく綺麗な部屋の天井近くに南向き、または東向きに設置します。

神棚がない場合はタンスや本棚の上などを整えて綺麗な敷物を敷いてお祀りしましょう。

御神札について

お神札(ふだ)は、神さまを仰ぐ「みしるし」です。伊勢の神宮のお神札を「神宮大麻(じんぐうたいま)」うといい、神棚の中心(中央)におまつりします。神宮大麻は、毎年暮れになると全国の氏神さまを通じて各家庭に頒布(はんぷ)されています。

 

御神札の納め方
  • 一社造りの場合
    一番手前を天照皇大神宮にし、氏神神社、崇敬神社の順に並べて納めます。
  • 三社造りの場合
    中央に天照皇大神宮、向かって右側に氏神神社、向かって左側に崇敬神社のお札を納めます。

お供え(神饌)

神棚には毎朝、米・塩・水のほか、お酒や季節の初物などをお供えして、朝夕に感謝を込めてお参りしましょう。

※神棚の拝領や設置に関してはお問い合わせください。(当社神札所に見本も用意しております)

 

古い御神札について

一年間、お祀りした御神札(お守り・破魔矢)は翌年のお正月に神社に設置してある古神札入れにお持ちください。そして新年にまた新しい御神札をおまつりします。

古神札は当社でお祓いした後、こちらで焼納致します。

比治山神社では、毎年十二月の晦日より翌年一月の十四日頃まで境内入り口に大型の古神札入れを設置しております。初詣の際に前年のものをお持ちください。

※遠方など、他の神社の御神札のお持ち込みも可ですが、当社では人形や家庭ゴミなどの持ち込みは固く禁止させていただいております。ご了承ください。

 

お伊勢さまと氏神さまとは

伊勢神宮は、日本全国にたくさんある神社の中で特別なお宮で、最も尊い神様である天照大御神<あまてらすおおみかみ>をおまつりしています。天照大御神は太陽の光のようにわたしたちの生命を守り、育んでくださる神様です。

氏神さま<うじがみさま>は地域の守り神として全国各地の地域の神社でおまつりされている私たちの最も身近な神様で、何世代にもわたってその地で私たちを守って下さっています。神棚に手を合わせ、感謝と祈りを捧げましょう。